「2037と新宿と私」

「2037と新宿と私」
時空をまたぐ謎のユニット「2037」のメンバーである入江陽氏に取材を申し込んだところ、以下のFAXが届きましたので掲載いたします。

みなさん、こんにちは。私は新宿生まれ、新宿育ち。こどもの頃は、両親に連れられてよく伊勢丹に行ったものです。
2017年2月のある日、新宿の名曲喫茶Rで、ファッションディレクターの山口壮大さんとお茶をしていました。
海外でも活躍される山口さんが、なんとタイムリープしたことが一度も無いとおっしゃっていて、私はとても驚きました。
私は、ひょんなことからつい先日、1997年、2037年に行ってきたのです。

1997年、新宿。
20年前の、10歳の私(ガラスの少年時代)に会いに行きたい、と思いましたが、自分に会うのはちょっと怖い。
まずは名曲喫茶Rに行ってみました。一階の禁煙席に座ると、隣に家族と一緒にエビピラフの上の目玉焼きをうれしそうに食べている女の子がいました。
見覚えのある顔だと思ったら、歌手のBOMIさんでした。子供の頃から元気ハツラツ。
声をかけようか、とも思いましたが、ご家族に警察に通報されても困るので、おとなしくコーヒーだけ飲んで帰ることにしました。
まだ消費税は5パーセントだったので、ちょっと得した気分。

2037年、SHINJUKU。
50歳の私が健在か知るのが怖い気もしましたが、勇気を出して会いにいったところ、まあまあ元気そうで、髪の量もまあまあ 、でした。
SHINJUKUの街では奇妙なリズムの音楽が爆音で流れており、聞こえてくる会話もよく意味がわかりません。
怖くなった私は逃げるように名曲喫茶Rへ。そこにいたのはパンケーキを皿の上に何枚も重ねてうれしそうに眺めている派手な格好の男。
見覚えのある顔だと思ったら、ミュージシャンのTeppei Kakuda君でした。
40代でイケイケの音楽プロデューサーとなった彼も髪の量はまあまあでした。マフラーをしきりにねじくり回しながら、
緑色の錠剤やピンク色の飲み物をすすめてきましたが、おとなしくコーヒーだけ飲んで帰ることにしました。

私は新宿生まれ、新宿育ち。こどもの頃は、両親に連れられてよく伊勢丹に行ったものです。
2017年に帰ってきた私は、4月のある日、BOMIさんとTeppei Kakuda君を名曲喫茶Rに呼び出しました。そしてその日、三人で「2037」を結成することになるのです。

—————————–
【解説】
20年後の東京をテーマとした”2037年トーキョーcollection – TOKYO 解放区×PARCO -“のキャンペーン(2017年4月5日〜19日)にて会場(伊勢丹新宿店など)で配布された「新聞」に掲載。2017年3月に書きました。

新宿で生まれ育った私にとって、伊勢丹でのキャンペーンへの参加は感慨深かったです。
この企画に誘ってもらうきっかけを作ってくれたBOMIさんに大感謝です。

「1997」

「2037」

「24hours」

「24hours」
浅見さんから お手紙ついた
シロヤギさんたら 読まずに食べた
クロヤギさん シロヤギさん
ナニヤギさんでも 今夜だけは

ダンシング トゥ ザ オールナイトローング
おれも おまえも トゥルーマン・ショー
24hour 24 いそがしいね ジャック・バウアー

チャックあいてても まぬけじゃねーし
そう バレてるぜ おまえも イカれポンチ
あっというまに つい カッとなって やめちまえ、とか すぐ言うしな

24hour party show やってらんねえよ
24hour party show やってらんねえ

———————
【解説】
浅見さん(浅ヤギさん)率いるバンド、Have a Nice Day!(通称、ハバナイ)の曲にゲスト参加したときに、2016年10-11月頃に作詞して歌った曲。
だいたい自分はあまり嫌いなものが無いような気もするのですが、海外ドラマの24も好きで全部観たし、トゥルーマン・ショーも好きだ。ジムキャリーが好きだ。
ハバナイは超カッコ良いバンド。
Have a Nice Day! 4th Album『The Manual (How to Sell My Shit)』に収録。
Apple Musicとかにもあるぜ!ぜひ聞いてほしい!
http://irieyo.com/20161114/1027

「アイデアが浮かびそう」

「アイデアが浮かびそう」
想像して 頭の中で 頭の外でだって
デザインして 編集して 印刷をしてみたり

自家製のヘリコプターで なんとかヘルツェゴビナまで 成田か羽田の空港で
EMDEE1さんから 速達で届いたデータ ふんふんふん、、

アイデアが浮かびそう

あれを こうして ああしたら アイデアが浮かびそう
これを ああして こうしたら アイデアが浮かびそう

想像して 心の中で 心の外でだって
その外側へ その内側へ どこでだって アイデアが浮かびそう

アイデアが浮かびそう

想像して 言葉の中で 言葉の外でだって
よく眠って たまに起きて 想像して 想像して

アイデアが浮かびそう

————————
【解説】
EMDEE1(エムディーワン)さんのカセット作品「薄荷」のために2017年4-5月頃に作詞して歌った曲。
エムディーワンさんとはお会いしたことがないが、メールのやり取りなどで、勝手にお人柄や顔つきを自分の中で想像している。